バカラ情報商材Baccart Lifeが売れ続ける理由

バカラの必勝法や勝ち方に関する情報商材や有料コンテンツはたくさんあります。
私も1/2の確率にベットするタイプのカジノの有料コンテンツをリリースしているひとりです。

 

それら情報商材の中でもBaccart Life(バラカライフ)がずっと売れ続けており、私も安心してアフィリエイトしているわけですが、今回はその理由について考えていきたいと思います。

バカラを投資と表現した

バカラライフは、日本初のバカラ投資教材というキャッチコピーで表現されているように、

バカラを投資として扱うことにしたのが、今も売れ続けている理由の1つだと思います。

バカラはギャンブル中のギャンブルで、単なる丁半ばくちなわけです。

勝率は50%(厳密には49.3%程度(タイは除く))

イタリア語の0(ゼロ)という意味から、破滅するとも表現され、ほんとにのめりこんでしまうとすべての資金を溶かしてしまうわけですから、それを投資という言葉に転換するのは、斬新だったと思います。

 

バカラ情報商材Baccart Lifeバカラライフ

しかし、世間一般で呼ばれている(短期的な)投資は、株やFXが代表的なわけで、それらも俯瞰的に見れば、株価が上がるか下がるかの2択。

 

それをチャートや経済情勢から予測するのであるから、バカラを罫線を使って予測することは、確かに投資と呼んでもおかしくないが、私自身は投資という言葉は、正直ちょっと違和感があります。

 

 

バカラはデイトレードと思ったら納得しませんか?

私としては、トレードという言葉がいちばんしっくりきています。
私がオンラインカジノをすることは、デイトレードすることです。

 

カジノで生計を立てている人を、ギャンブラーと呼んでもいいかもしれませんが、バカラライフで生計を立てている人は、トレーダーと呼ぶべきです。

 

収入を増やしたい、副収入がほしい人にとって、お手軽にとりくめるジャンル・業種は、トレーダーだと思います。
中でも、株やFXは敷居が高いですが、敷居が低いのがオンラインカジノなわけで、人気なのが納得します。

 

 

今後、eスポーツが代表されるように、オンラインゲームで賞金などが稼げるようになってくるとも考えられますが、ゲームは技術力が必要です。
株FXのチャート分析同様、かなりのテクニカルな知識・技術を身につける作業が必要となるとやはり敷居が高くなってきます。

 

これは、麻雀、ポーカーなどにも言えますね。
勝って賞金を稼ぐには練習時間が必要なってくるので、そうなると副業するなら、カジノか日雇いバイトになってくるので、今はカジノを選択する人が多くなっているというわけです。

 

ただいま、「有名ブランドが無料でもらえる裏ルート」というタイトルで収入を増やすコツを解説しています。
バカラライフも登場しますので、よかたら覗いてみてください。

 

 

«  バカラ情報商材Baccart Lifeが売れ続ける理由 
稼ぐなら'コレ'!日本初!!「継続報酬型」アフィリエイト サムライクリック!

『有名ブランドが無料でもらえる裏ルート』ただ今期間限定プレゼント中!!

この方法を活用してネットを使って収入を得たい人は必見です

あなたは生涯ずっと損してショッピングをしているかもしれません。
知っているか、知らないかだけの差で得か損か雲泥の差がひらきます。
今すぐお得なショッピングに切り替えてださい。
メールアドレス
例)kt@gmail.com
メールアドレスを入力して、送信されますとKTメールにて裏ルートの内容をお届けいたします。
KTメルマガメンバーの方には必ず稼いでもらいますので、厳しくサポート・コーチしていきます。
ブログでは伝えないことや最新情報を発信しているので、必ずお読み下さい。
必要ないと感じられましたらいつでも解除することができます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.