アフィリエイトの全体像を知る3

今回は

 

物販系、情報系の商品をどの手法を使って

アフィリエイトするのが効果的なのか


書いていこうと思います。

 

 

物販系アフィリエイトは、市場は大きいが、報酬率が低いと書きました。

だから、ある程度の利益を上げるためには

たくさんの人に商品情報を伝えなければいけません。

 

 

では、効率よく報酬を手にする手段は何か?

 

 

 

まずは「サイト・ブログで商品情報を掲載する」がイメージできますか。

 

 

「メールマガジンで商品情報を掲載する」手段は

最初は読者がいないので非効率ですよね。

読者がたくさん付くまで時間がかかります。

その前にブログを作った方が効率的です。

 

 

また、このサイトではローリスク・ロングテール戦略をとっていますので、

始めからPPC広告をうつ(お金をかける)ことは推奨しませんし、

まだサイト・ブログを作ったこともない方がいると思いますので、

まずは、ブログを作って商品情報を掲載するという考えを持ってください。

ブログの作り方や、どんなブログ内容をどうやって進めるかは

別の記事で書いていきますね。


 

つまり

物販系アフィリエイトは、

お客さんに検索してもらい、ブログを見つけてもらって、

情報を見て、商品を必要だと思ってもらうという流れです。


 

だから

検索して見つけてもらえるブログを作ることを意識していきましょう。

 

 

 

情報系アフィリエイトは、報酬率は高いが市場は小さいと書きました。

だから、少ないお客さんをなんとかして集め、

高い商品でも必要だと感じてもらえるようにしないといけません。

 

 

 

では、効率よく報酬を手にする手段は何か?

 

 

 

 

「メールマガジンで商品情報を掲載する」がイメージできますか。

 

 

もちろん「ブログで商品情報を掲載する」も間違いではありません。

 

ただ、情報系アフィリエイトをブログだけで商品紹介するよりは、
メールマガジンで紹介した方が効率はあがります。
 
 
 
なぜなら、
高い商品を買ってもらうには、
タイミングとお客さんとアフィリエーターの間に信頼が必要だからです。

 
高い商品を買う時は、
今欲しいという緊急性がある時です。
 
 
ブログでも丁寧な記事を書いていれば、
信頼は築くことができると思います。
しかし、タイミングが難しいです。
 
 
ブログは、お客さんに検索して見つけてもらわないといけませんし、
たとえブックマークしてくれたとしても、
アクセスしてもらなわい限り旬な商品情報が伝わらないです。
 
 
 
つまり
情報系アフィリエイトは
お客さんとメルマガで信頼を築きながら、
お客さんに商品の必要性を徐々に感じてもらい、
今が買い時だと訴える流れです。
 
 
だから
ストーリーのあるメルマガを発行していく意識していきましょう。
 
 
 
 
 
アフィリエイト系サイドビジネスを始めようと考えている方は、
物販系それとも情報系どちらをアフィリエイトしようと思いましたか?
 
 
 
これはビジネス全般に言えることですが、
 
商品・サービスを売る時
 
 
1.店を構えてお客さんが来店するのを待って、売る
 
2.商品をお客さんのところに持っていって、売る
 
 
の2パターンがあります。
 
 
 
アフィリエイトでは、
 
1.がブログで
2.がメルマガの手法になります。
 
 
もし、あなたがリアルビジネスで2.の手法が苦手だったとしても
ネットビジネスではリアルビジネスほど辛いものではないと気づかれると思います。
 
 
と言って、私は情報系アフィリエイトを推しているわけではありません。
 
 
あなたに合ったものを選んでください。
稼ぐ力を身につけ、継続していくことが一番大事なことです。
稼ぐなら'コレ'!日本初!!「継続報酬型」アフィリエイト サムライクリック!

『有名ブランドが無料でもらえる裏ルート』ただ今期間限定プレゼント中!!

この方法を活用してネットを使って収入を得たい人は必見です

あなたは生涯ずっと損してショッピングをしているかもしれません。
知っているか、知らないかだけの差で得か損か雲泥の差がひらきます。
今すぐお得なショッピングに切り替えてださい。
メールアドレス
例)kt@gmail.com
メールアドレスを入力して、送信されますとKTメールにて裏ルートの内容をお届けいたします。
KTメルマガメンバーの方には必ず稼いでもらいますので、厳しくサポート・コーチしていきます。
ブログでは伝えないことや最新情報を発信しているので、必ずお読み下さい。
必要ないと感じられましたらいつでも解除することができます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.